投稿者「takashi2000」のアーカイブ

不動産の売却の方法、流れについて解説します。

丁度、初めてマイホームを購入するときと同じように、初めて不動産を売却する場合、何から始めれば良いのか分からないことが、初めて不動産を売却される方の中には多いのではないでしょうか?

そこで、売却活動をスムーズに行うために、まず流れを知っておきましょう。

今住んでいる住まいを売却して、新しい住まいに引っ越したいと考えても、そもそもどう家を売ったらいいのか、いくらで売れるのか、どんな手続きがあるのかなど、初めての場合分からないことが多いです。

まじは、大まかな流れを知っておく必要があります。

私も武蔵村山市の不動産を売却したときは、下記の流れでスムーズに不動産を売りました。

不動産をスムーズに売却するためには、下記手順で進んでいきます。

スケジュールを決める 、査定を依頼する、査定をする、不動産会社へ依頼する、売却先を探す、売却 、引渡し

最初に、いつまでに売りたいのか、またいつぐらいまでに引っ越したいのかを決めます。

買い替えの場合には、いつぐらいに新しい住まいを購入したいのかも決める必要があります。

これをいつに設定するかによって、不動産会社との媒介契約のタイプや、売買契約などの方法に影響がでます。

もしゆっくりと、売却したい場合は、希望する売却価格や高めの売却価格を設定しやすくなります。

しかし、一方で、スピーディに売却したい場合は、できるだけ売りやすい価格や、市場に出したときにお得な売却価格に設定する必要があります。

そこで、売りたい不動産がいくらの価値があるのか、すなわち売却できる価格の目安を把握します。査定を依頼する先は不動産会社になります。査定方法には、2種類あります。

物件情報を基に簡易な査定を行う「簡易査定」と、実際に物件を見てもらい査定を行う「訪問査定」の2種類です。

次に、売却先を探してくれる不動産会社を決めます。依頼する場合は媒介契約を結びます。

この契約には、専任媒介、専属専任媒介、一般媒介の3種類があります。それぞれの特徴において、売りやすさや売却価格に影響します。

その次に、実際に不動産を市場に出して、購入してくれる人を探します。不動産会社との媒介契約にもよりますが、売却先探しを不動産会社に頼る方法や、自力で買い手を探す方法もあります。

そして、買い手側と売買契約を結びます。ここで売却価格が決まります。また、書類での登記や権利の移転手続き、売り渡す不動産の状態の説明、引渡し時期などを決定します。

その後、建物がある場合はカギを引渡しましたら、引渡しが完了します。

売却の目的を明確化しておくと、取引がよりスムーズになります。 売却活動を開始する場合は、こような手順を把握してから行動しましょう。